曹洞宗大本山総持寺

曹洞宗大本山総持寺

総持寺,曹洞宗,大本山,寺,寺院,石原裕次郎,墓,鶴見,文化財,輪島市

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、

總持寺(そうじじ)は、神奈川県横浜市鶴見区にある曹洞宗大本山の寺院。

山号は諸嶽山(しょがくさん)。本尊は釈迦如来。境内に鶴見大学を運営。

 

・奈良時代

 行基によって能登国櫛比庄(現在の石川県輪島市)に、諸嶽寺として創建。

・平安時代

 真言律宗に所属

・元亨元年(1321年)

 曹洞宗4世の瑩山紹瑾が、諸嶽寺の住職定賢の帰依を受け、總持寺と改名。

・元亨2年

 後醍醐天皇より「曹洞賜紫出世第一の道場」の綸旨を受けて官寺、大本山となり、

 曹洞宗を公称する。

・元和元年(1615年)

 徳川幕府より法度が出され、永平寺と並んで大本山となる。

 住職を5つの塔頭からの輪番制とした。

・明治31年(1898年)

 火災で焼失

・明治44年(1911年)

 現在地に移転。現在、旧地に總持寺祖院(石川県輪島市門前町)がある。

 

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

※また、総持寺には石原裕次郎のお墓があり時期を問わずファンがお焼香に来ています。

 

 

△もっと知りたい寺・仏寺の紹介トップページへ戻る


重要文化財・有形文化財

■重要文化財

 

重要文化財には、「紙本着色提婆達多像」をはじめ多くの仏像等がある。

 

紙本着色提婆達多像

絹本着色前田利家夫人像

絹本着色紹瑾和尚像

刺繍大法被

紙本墨書観音堂縁起 紹瑾筆

 

■登録有形文化財

 

有形文化財には、多くの仏堂や門が指定されている。

 

三松関(総門)、向唐門、香積台、大僧堂、百間廊下及び門、仏殿、待鳳館、紫雲台、御霊殿、虎嘯窟、放光堂、鐘鼓楼、衆寮、放光観音(ひかりかんのん)台座、鐘楼、三宝殿

 

※フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

 

 

△もっと知りたい寺・仏寺の紹介トップページへ戻る

アクセス

■曹洞宗大本山総持寺

〒230-8686

神奈川県横浜市鶴見区鶴見2−1−1

TEL 045-581-6021

FAX 045-571-8221

 

■交通アクセス

JR京浜東北線鶴見駅から徒歩10分

京浜急行京急鶴見駅から徒歩15分

 

■曹洞宗大本山総持寺

http://www.sojiji.jp/index.html

 

■曹洞宗・曹洞禅ネット

総持寺は末寺1万5千寺を有します。全国曹洞宗寺院検索で近所の寺院が探せます。

 

■鶴見の見どころ

http://www.city.yokohama.jp/me/tsurumi/midokoro/

 

△もっと知りたい寺・仏寺の紹介トップページへ戻る

鶴見駅からの運転ルート