横浜市立サイエンスフロンティア高校

横浜市立サイエンスフロンティア高校

横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校は、サイエンスを本格的に勉強が出来る唯一の全日制理数科高校。ちょうど横浜港150周年となる年に新設される高校で、理化学研究所横浜研究所や横浜市立大学連携大学院などが立地する「横浜サイエンスフロンティア地区」に設立。先端技術(生命科学、ナノテク、環境、情報)の実験を多く取り入れ、海外研修や国際交流を行う。理数と英語教育を重点をする。

 

初年度は定員1学年6クラス240名(学区外枠70名)。

初代校長は、前神奈川県立柏陽高等学校校長の佐藤春夫氏。

 

■学校の教育理念

 

『学問を広く深く学ぼうとする精神と態度を培いながら、生徒一人ひとりが持つ潜在的な独創性を引き出し、日本の将来を支える論理的な思考力と鋭敏な感性をはぐくみ、先端的な科学の知識・技術、技能を活用して、世界で幅広く活躍する人間を育成する。』

 

※横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校「教育要覧」より

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

試験概要・進路等

■選抜基準

・前期選抜

 面接、自己表現活動

 調査書の英・数・理の評点が2倍。

 

・後期第1次選抜(後期選抜の80%)

 学力検査と調査書の比重は6:4

 調査書の英・数・理の評点が2倍。

 

・後期第2次選抜(後期選抜の20%)

 調査書は選考の対象としない

 理科、数学、英語3教科の学力検査

 

■横浜市立大学チャレンジプログラム

 特別入学枠10名

 横浜市立大学国際総合科学部(理学系)に進学

 2、3年次に横浜市立大学教員による指導を受けた生徒

 

■進路

 国公立大学理・工・医歯薬・農系学部や難関私立大学理工系学部

 文系学部を目指す学生には、科目選択を可能にする。

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

JR鶴見駅からの運転ルート

■横浜市立サイエンスフロンティア高校

http://www.city.yokohama.jp/me/kyoiku/sidou2/koukou/sfh/

横浜市教育委員会事務局 高等学校教育課

横浜サイエンスフロンティア高校 開設準備室

〒230-0046

横浜市鶴見区小野町6

TEL:(045)671-4379

FAX:(045)663-1838

E-mail:ky-sfh@city.yokohama.jp

 


大きな地図で見る

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼