日大日吉 共学

サイト作成のきっかけ

先日、「日大高校」を調べていたら「日大日吉」という文字が目に止まりました。

 

それは、私が通っていたときは完全な男子校だったのが 【共学】 となっていたからです。

私は、日大日吉の卒業生ですが、私が卒業したときには中学・高校共に男子のみでした。いつから男子校が共学になったのかを調べて見ることにしました。

 

■学校の沿革

1990年4月 - 高等学校商業科に女子生徒を受け入れ男女共学

1999年4月 - 中学校に女子生徒を受け入れ男女共学

2001年4月 - 高等学校商業科の生徒募集停止

2002年4月 - 高等学校普通科に女子生徒を受け入れ男女共学

2004年4月 - 中高完全共学

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

学校紹介

1990年頃から、商業科に女子生徒を受け入れ始めたのがきっかけです。

私達が高校生の頃は、周りを見渡しても男しかおらず結構好き勝手にしている生徒が多かった気がします。

 

女生徒と一緒の共学というのは中学生の頃に経験しましたが、高校になると男子高で非常に詰まりませんでした。やはり異性がいると、何をやっても張り合いがあります。

 

最近の日大日吉は、法政第二と比べても見劣りがしません。

私が通っていた頃の日大日吉は、法政第二よりも下というランク付けがされていました。

今は、どちらかと言えば人気は、法政第二よりも上では無いかと思います。

 

特に、女生徒に人気があります。中学、高校、大学とエスカレート式に進学が出来て、校舎も綺麗なところが人気の1つです。

 

日大付属高校には、「日大統一模試」という入試制度があります。

この制度により一般入試試験よりもかなり前の時期に試験の合否が分かります。

日大に進学する生徒はかなり優遇されます。

 

さらに、東横線・日吉駅、綱島駅から徒歩できるという良い立地条件も魅力でないかと思います。

 

スポーツにも力を入れているので、部活も充実しています。

本校舎から歩いて5分ほどの場所に別グランドもあり、さらに人工芝グランドも整備されています。中々のものですよ!

 

2009年度の入試科目から4科目となります。

日大日吉の問題は難易度から言うと、一般的なレベルだと思います。

真面目にこつこつと勉強をされて来た学生には難なく合格を手にすることが出来ます。

 

■「日吉の日本大学付属高校について」

http://www.inter-edu.com/forum/read.php?8,72913,page=1

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

交通アクセス

日本大学高等学校・日本大学中学校

〒223-8566

神奈川県横浜市港北区箕輪町2-9-1

TEL.045-560-2600(大代表)

FAX.045-560-2610(大代表)

 

東急東横線、東急目黒線、横浜市営地下鉄グリーンライン、「日吉駅」下車 徒歩12分 

日吉駅より東急バス「日大高校前」下車徒歩1分、

綱島駅より「日大高校正門前」下車徒歩1分

 

■日本大学高等学校・日本大学中学校ホームページ

http://www.nihon-u.ac.jp/orgni/yokohama/

 

※平成21年度募集要項を掲載中

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

東横線・日吉駅からの運転ルート