学校とは

学校とは

■学校とは

 

一定の場所に設けられた施設に、児童・生徒・学生を集めて、教師が計画的・継続的に教育を行う機関。学校教育法では、小学校・中学校・高等学校・大学・高等専門学校・盲学校・聾学校・養護学校および幼稚園を学校とし、他に専修学校・各種学校を規定する。

「学校とは - はてなキーワード」より

 

学校(がっこう、英 school)とは、教育のための建物、または学生その他に対して教育が行われる場所のことである。また、そこでことに当たる人々のことをいうこともある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

学校の語源

「学校」の同義語には、「キャンパス」、「スクール」、「学舎」、「学府」、「校」、「教育法人」、「各種学校」などがある。

 

明治初期に小学校及び師範学校が設立された。海外の教科書(特にアメリカ製)を参考にして日本の教科書は作成された。この頃から「学校」という言葉を使うようになった。古くは、「足利学校」等と用いられたこともあった。

 

英語では、学校のことは school(スクール)と言い、語源はギリシャ語の schole(スコレー、暇)からによる。また、ラテン語ではschola(スコラ)と訳される。このスコラは「学院、僧院」の意味。

 

通常の学校は、初等教育・中等教育・高等教育の3つに分けられるが、これ以外にも制度化されていないものも多く存在している。

 

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 より抜粋

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼

 

国際バカロレア資格

国際バカロレア資格とは、スイスの財団法人国際バカロレア機構 (Organisation du Baccalaureat International) の定める教育課程を修了すると得られる資格のことで、学校教育の修了資格として国際的に認められている資格である。

 

以前、日本ではインターナショナル・スクールを卒業しても日本の大学に入学する資格が与えられていなかったが、文部省は国際バカロレア資格を調査して大学入学資格として認めることとなった。

 

『大学入学に関し高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者の指定について』

 

国際バカロレア資格に基づく教育課程を実施している学校は、日本国内では7校程度あり、インターナショナル・スクールなどと呼ばれる。

 

 

△もっと知りたい学校情報トップへ▼