feat.とは

feat.とは

フィーチャリング,そばにいるね 青山テルマ,今でも会いたい 伊藤由奈,君の声を 西野カナ,オセロ,知っとこ,トリビュート,オマージュ,インスパイア

7/11(土)に放映されたTBSテレビ「知っとこ!」(07:30〜09:25)では、オセロの2人が最近トレンドのキーワードベスト10として「feat.」(フィートドット)が紹介されました。

 

■feat.とは
Wikipediaでは、『フィーチャリング(featuring)とは、特定の人物・事柄などを特色として際立たせる事。フィーチャー。日本語では「客演」と訳される。(ただし、映画での「Featuring ○○」の表記は「○○主演」を意味する。)

 

音楽においてはメインのミュージシャンのほかにゲスト参加する者、またそのこと。ほかのアーティストのアルバムに参加する場合、フィーチャリングという形をとる場合が多い。"feat."、"F/"などとも表記される。表記はアーティスト名に付加される場合と、曲名に付加される場合があり、ルールは特にない。 デュエットとの明確な差はないが、互いに同じくらいの登場があり、かつ互いが合唱する場合は"duet with"とする場合が多い。
今日のラップ、R&Bのアルバムではフィーチャリングは欠かせない。メインアーティストよりキャリアの偉大なアーティストが参加する場合もある。』と説明されています。

 

「知っとこ!」では、「そばにいるね」(青山テルマ)、「今でも会いたい」(伊藤由奈)、「君の声を」(西野カナ)さん達が紹介されていました。西野カナさんは、何でも三重県の観光大使を自分でなりたいと直接県庁を訪ねてやらせてもらったと言うこと。この積極性は見習いたいところですね。

 

■「ここにいるよ feat. 青山テルマ」の紹介
今年2月、ゴリゴリのパーティーチューン「DOGG POUND」でメジャーシーンに登場して以来、ゴールドの巨大犬バス製作や、細野晴臣、高橋幸宏のシングル参加など、何かと話題を集めている超新世代ラッパーSoulJa。繊細なピアノのフレーズが印象的な2ndシングル「rain」に続き、6/20より着うた好評配信中の新曲「ここにいるよ feat. 青山テルマ」を3rdシングルとしてリリースすることが早くも決定。(アマゾンより)

 

 

△もっと知りたい音楽・芸術トップへ

feat.の誤用と関連

何でも、feat.(featuring)は、未来を意味する単語future(フューチャー)と混同されて「フューチャリング」と間違われることがとても多いそうです。数年前頃からお笑い芸人がさかんに多用し、誤った発音「フューチャー」で発することが多い。また、テロップも誤って書かれていることが多いため誤用が浸透しているということです。

 

■関連項目
フィーチャリング(featuring)には、幾つかの関連項目があるので併せて紹介する。(はてなキーワードから抜粋)

 

・トリビュート(tribute)とは、貢ぎ物や贈り物、感謝のことばやしるしのこと、また賛辞を意味する。トリビュートは、映画・小説の冒頭などに「special thanks」より強い意味で書かれることがある。多大な協力・影響を受けた場合、あるいは故人に対して。ミュージシャンが、先人の作品に尊敬の念を示し、同じ・あるいはアレンジを変えた曲を演奏、録音すること。「〜アルバム」など。その際、「カバー」との差異は、ひとえに「尊敬の念」が示されているかどうかであり、非常に曖昧。

 

・オマージュ hommage (フランス語)
芸術家などにささげる敬意。または、そのような敬意を表した作品。またはそのような作品の献呈。

 

・インスパイア(inspire)
霊感を与える、示唆する、喚起するまたは、感激させる、鼓舞するなどと言った意味。

 

△もっと知りたい音楽・芸術トップへ