ハンドフルート CHILDHOOD

ハンドフルートとは

ハンドフルート,手笛,CHILDHOOD,ハンドフルート奏者,森 光弘,光の中へ,ベストハウス1・2・3,ハンドオカリナ

先日、フジテレビ系の番組でCHILDHOOD(森光弘)が「ハンドフルート」を奏でていた。CHILDHOODは、世界で唯一のハンドフルート奏者とのことで、番組では彼は、ピアノ伴奏で懐かしい曲を綺麗に吹いていた。

 

私も手を組んで、音を出してみようと思ったが、中々彼の方法では音を出すことが出来なかった。見た目には簡単に出来そうなハンドフルートではあるが、これが意外と難しい。
ハンドフルート奏者の森光弘さんは、子供の頃から自己流で独自の奏法を開発し、そして、大学在学中にその独自の奏法を「ハンドフルート」と命名してCHILDHOODを結成した。

 

■ハンドフルートとは
ハンドフルートとは、Wikipediaでは『手笛(Hand Whistling)とは、両手で空洞を作り、右手と左手の親指を合わせた隙間に息を吹き入れて鳴らす技術である。笛とは言うが、実際に楽器が存在するわけではない。また、指笛と呼ばれる指を口にくわえて鳴らす技術とも区別される。別名、ハンドフルート・ハンドオカリナ。タンギングについては、フルートとほぼ同じ要領である。 音程を調節する場合は、中の空気の量を変えたり、 わざと隙間を作ったりする方法がある。』

 

ハンドフルートの手の組み方が以下に紹介されているが、簡単そうで中々音が出てくれない。指の隙間から息が漏れないようにするのがポイントらしい。口の位置を微妙にずらしたりしながら音を出すように練習するのだが、漏れている音ばかりでちっとも音になってくれない。ハンドフルートは、綺麗に音が出ると周りからも尊敬のまなざしで見つめられるようになること受け合いである。

 

■ハンドフルートの手の組み方

 

■CHILDHOODオフシャルWebサイト

 

CHILDHOODライブの予定は以下の通り

 

・2009年9月19日(土)"Pops Live" 六本木 morph-tokyo
・2009年11月2日(月)"Strings Concert" 千葉市美浜文化ホール(音楽ホール)

 

■YouTube動画
http://www.youtube.com/watch?v=E5xso8oL9Mw

 

 

△もっと知りたい音楽・芸術トップへ

ハンドフルートCD

現在、ハンドフルート「光の中へ」(CD+DVD)が好評発売中だ。ハンドフルートの音色は何とも言えない昔からの懐かしい優しさを思い出してくれます。曲を聴いているだけで、気持ちが温かくなり人に優しくしてあげたくなります。また、一度聞いたら、自分でも手を組んで吹いてみたくなります。

 

■光の中へ [CD+DVD] [Original recording]

 

ディスク:1
1. 見上げてごらん夜の星を
2. 明日の風
3. つつまれて
4. 道(タオ)
5. 川の流れのように
6. Horizon
7. 星に願いを
8. 涙そうそう
9. 飛行機雲を見上げて
10. チャールダーシュ

 

ディスク:2
1. Snow again
2. ルパン三世のテーマ(DVDのみ)

 

CHILDHOODの森光弘さんは2004年から、ピアニスト「臼田圭介」と組み、CHILDHOODとして活動を開始。クラシックからポップスまで、ジャンルを問わぬカバー曲と、自身のオリジナル楽曲でレパートリーを増やし、各地のイベントなどに出演。現在、彼の演奏は各地イベントへの出演依頼が殺到している。

 

△もっと知りたい音楽・芸術トップへ