安否確認システム販売

安否確認とは

安否確認システムには、個人向けと企業向けとがある。個人向けには、高齢者の介護のために、家庭内のドアやトイレや冷蔵庫などの家電製品にセンサーを取り付けて、その家電などが正常に使用されているかを判断し、安否を確認する。このシステムには、高齢者や介護者が自ら呼び出すコール式や、介護施設や病院などの施設で複数の非介護者や患者をセンターで確認するものとがある。企業向けには、災害時や緊急時、電話回線が混雑したときなど、電話での安否確認が難しいときなどにインターネットのメールサービスを使い、社員の携帯電話へメールを配信して安否の確認を行うシステム。また、さらに緊急時や災害時だけでなく、日常の連絡ツールやイベントの開催通知や会議やアンケートといったメッセージ通知などにも利用できる。

 

■一人暮らし老人安否確認システム
健康にすぐれない一人暮らしのご家庭に。独居老人世帯の安全対策に、月々の経費不要!簡単設置!一人暮らし老人安否確認システム。長時間、トイレなどに設置したドアセンサーから1度も開閉信号が送られてこなかった場合にご家庭の電話回線を使ってご家族の方の携帯電話などへ自動的に警告アナウンスを流します。-実用新案申請中-

 

■セコム安否確認サービス
甚大な被害をもたらす地震や台風などの自然災害、そして事故や新型インフルエンザの大流行(パンデミック)など、企業を襲うリスクは多様化しています。大規模災害発生時に被害を最小限に留め、事業を継続・早期再開するには、自社の被災状況をいち早く把握し、対応することが求められます。「セコム安否確認サービス」は、セコムがセキュリティ事業で培った緊急時対応の経験とノウハウを生かし、災害発生時の初動をサポート。お客さまの事業継続計画(BCP)策定にもお役立ていただけます。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

安否確認システム販売

安否確認システムの個人向けのものでは、センサーを日常使用しているドアやトイレ、ベッドや家電製品、ポットなどに組み込み、使用する生活リズムで利用状況を判断して安否を確認、さらに徘徊老人の探索にはGPSなどでの位置確認が出来るものもあり、これらの普及には各自治体や訪問介護施設でも対応が不可欠。安否確認システム販売は、これらのシステムの販売や取り付けを行う販売代理店となり、販売マージンを得る。

 

インターネットで、"安否確認 代理店"と検索を行えば簡単にヒットする。その中で、個人向け安否確認システムの代理店を募集していた「e-安否」を紹介する。

 

■e−安否
多くの緊急地震速報サービスは災害時のみに有効だが、「e-安否」は日常の連絡網ツールとして利用可能。イベント開催等のお知らせや会議の召集、アンケート、周知確認などに最適なオリジナルメッセージが簡単に作成できる。未回答者への自動再送信機能を設定できるほか、一斉配信で送信が滞ったユーザを表示・確認することができる。

 

■安否確認システム

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る