交通量調査アルバイト

交通量調査アルバイト

交通量調査アルバイトとは、交差点での車両毎の交通量を計測したり、都心の駅周辺の通行量を計測したりする仕事です。計測する人は、道路脇で椅子に座りながら記録用紙を持ちながらカウンターをカチカチと押します。見た目は、それ程きつそうには見えませんが夏の暑い時期や冬の寒いときなどは、結構つらい作業となります。

 

基本的に小雨程度なら合羽を着用して作業は行う。あまりの悪条件の場合は作業の中止もあります。拘束時間は12時間程度が多く、中には24時間拘束の場合もありますが、2〜3人のグループとなって交代して行う作業なので拘束時間の割には実質労働は少なくなります。

 

作業は、単純作業ですが交通量を間違わずにカウントしなければならないため一定時間毎に休憩時間が設けられています。交通量調査は朝早くからの作業となるため、調査地によっては前夜からの移動・集合もあり車中での寝泊まりとなる場合もあります。

 

交通量調査のアルバイトは、求人サイトや求人雑誌にも頻繁に募集が掲載されています。しかし、交通量調査請負会社はほとんどが登録制となっていてため、何度か働いた実績を積んでおけば優先的に作業地を選ぶことが可能。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

調査の作業

1.交通量作業
(1)交差点での調査が多い。進行方向(直進、右折、左折)と車種(普通車、大型車、バイク、自転車)毎に決められた間隔(30分単位)で計測する。

 

(2)採用会社により異なるが、通常は2人1組又は3人1組で数カ所を受け持つことが多い。3人1組の場合は2人ずつが作業(2時間)をして、1人が休憩(1時間)する形態をとる。従って、拘束時間12時間の場合は、実質8時間労働といこと。

 

(3)拘束時間は、大体12時間程度だが、24時間の場合もある。24時間の場合は日当は倍になるがかなりきつい作業となる。休憩場所によっては、思わぬ出費がかかるかも知れない。

 

2.報酬
即金払いが基本
時給:1200〜1500円
日給:日給で1万円前後

 

3.服装なみだり
近隣の人や通行人に対して不快感や不安を抱かせない様に、「茶髪不可」や「派手な服装禁止」と募集条件があるものもある。「たばこ」も調査中は禁止の場合が多い。

 

4.その他
(1)アルバイトの殆どが男性だが、女性も若干いる。但し、夜作業の場合は酔っぱらいの絡まれるのに注意が必要。また、交差点などでの調査が多いので交通事故に十分注意する必要がある。

 

(2)天候(大雪や台風等)や道路条件(使用条件や交通量)により中止になる場合はあるが、通常の雨では中止しない。野外作業の場合は、一般宅の軒下や駐車場スペースが借りられる場合やそのまま雨合羽を着用して作業する場合がある。

 

(3)基本的に交通量調査は、屋外作業なので冬や夏など気候の厳しい時期は体調を崩す人が多い)。各自、注意して体力に自信がない方や日焼けが気になる人は止めた方が良い。また、夏などの暑い時期には、水分補給に気をつける。マスクも常備した方が良い。

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る