スタントマンの仕事

スタントマンの仕事

スタントマン(Stunt man)は、Wikipediaでは『俳優の代わりにスタントをこなす男性の事。 女性のスタントマンをスタントウーマン (Stunt woman) と言う。ただし、役者の代わりにスタントを行う人物の事を、広義にスタントマンと言う場合が多い。スタントは大まかにボディー・スタント(殺陣含む)とカー・スタントと分かれており、ボディー・スタントマン(ウーマン)は俳優の吹き替えだけではなく、スタントマン本人が役者として出演する事が多い。』と説明されている。

 

私が米国・オレゴンに行ったときには某スタジアム内では、車のクラッシュレースが行われていた。お互いの車をぶつけあって、動かなくなるまで戦う。車内には、当然ロールバーが付いているのだろうが、側面からぶつかった時には大丈夫なのだろうかと心配する程の迫力だった。西部警察や刑事物の番組では、派手なカーチェイスやカー・スタントが良く撮影される。スタントにしても爆薬の仕掛けにしても、何度も練習を重ねているから大丈夫だとは言うが、万が一間違ったらと思うとどうも落ち着かない。スタントの仕事など私には無縁ではなるが、人ごとでも心配してしまう。それだけ、最近のアクションシーンは迫力がある。

 

スタントマンは、大抵がドラマや映画の撮影の時にヒーロー役の俳優さんに代わって危険な演技を行う。しかし、スタントマンの仕事は危険なものばかりではない。子供向けの特撮ヒーローなどもスタントマンのれっきとした仕事。悪をやっつけるヒーローの役は気持ちが良いだろう、なんと言っても子供達が応援してくれる。悪い敵に軽く叩かれたりするだけでも、子供達は本気になって心配してくれて、一緒になって戦ってくれる。こういう着ぐるみを着用したり、戦闘アクションを担当する俳優をスーツアクターと言うらしい。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

スタントマン養成所

スタントマンになるためには、特に養成所や専門学校には行く必要はありません。しかし、アクションの演技や技術指導などは、やはり専門の養成所等に行った方が得策。但し、スタントマンには少なくとも運動神経は必要だと思います。積極的な行動派性格が望ましいとは思いますが、結構、裏方で目立たないスタントマンの方もいますので、真面目であれば良いかと思います。

 

■オフィスワイルド
スタントマン、アクション俳優をお捜しならオフィスワイルドへ。養成所、スタジオもある。オフィスワイルドは柴原孝典がスタントマン・アクション俳優の充実を計るために設立。カースタント、バイクスタント、爆破、火だるま、ダイビング、ワイヤーアクション、あらゆるスタントを企画から行うスタントマン事務所、スタントマン養成所です。

 

■スタント・アクションチーム、シールズ
カースタント、バイスクールスタント、ボディースタント、技斗・殺陣、海上レスキュー、水上バイクスタント、アクション指導、ホースライディング、4輪2輪劇用車、水中撮影、映像制作、制作部派遣、各アクションスクール・乗馬・技斗・ダイビング4輪2輪

 

■サウザンリーヴス・ハリウッド京都

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る