孤独死、特殊清掃

特殊清掃という仕事

今年の4月に発売された「事件現場清掃人が行く」(飛鳥新社)という本がある。Amazonの紹介文には、『この世の後始末、引き受けます。高齢化社会、自殺者3万人、無縁社会と孤独死…誰かがやらねばならない仕事がある!「今もどこかで誰かが私を待っている」事件現場清掃人からのリアル“おくりびと”』と書かれていた。

 

今日(5/23)の朝日新聞神奈川版35頁に、『孤独死の部屋「特殊清掃」』という記事があった。上記本の著者、高江洲敦さんが手がけた神奈川県内の仕事の模様が紹介されていた。孤独死で亡くなった人の部屋を片付ける「特殊清掃」と呼ばれる仕事。その仕事をする会社の1つに、「事件現場清掃会社」(横浜市中区)という珍しい社名の会社がある。

 

単身世帯が増加し、また高齢化となる背景に今後も特殊清掃という仕事は増え続けるだろう。亡くなった人の部屋の片付けは誰かがやらなければならない。東京都内23区の1人暮らしの死者は1999年の3793人から2008年の5237人に増加した。神奈川県内でも孤独死につながる心配のある一人暮らしの65歳以上の高齢者が20年には42万5千人にもなるという。この不況下でも、孤独死に関連したビジネスは拡大の一歩をたどっている。高江洲さんが始めた会社は、全国に23支店に広がった。

 

最近のここ数年間でも同業他社も増加している、インターネットで「特殊清掃」と検索すれば、多くの業者を見つけることが出来る。『遺品を全て運び出し、清掃された部屋に立つと、死者が「ありがとう」と言っているような、そんな気がした。』(朝日新聞より)

 

■事件現場清掃人が行く

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

特殊清掃の仕事

今後も増え続けると言われる「特殊清掃」の会社、「事件現場清掃会社」の仕事の内容を紹介する。

 

自殺死、孤独死、事故死で亡くなった理由は様々。人の遺体が残された現場の清掃は、警察や葬儀やさんでは請け負ってもらえない。そこで、遺族の方では出来ない現場の清掃を依頼を受けて現状復帰にもどす清掃作業を行っている。

 

■事件現場清掃会社

 

住所:〒231-0836 神奈川県横浜市中区根岸町3-234
TEL 045-628-6238 フリーダイアル 0120-185-589
FAX 045-628-6226
URL:http://www.genbaseisou.com
E-Mail:info@genbaseisou.com
業務内容:特殊清掃、遺品整理・供養、リフォーム。など
※現在、求人の募集は行っていないようす。

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る