リフレクソロジスト

リフレクソロジストとは

リフレクソロジーとは、別名「足裏健康法」といい、足裏を刺激して体に溜まった老廃物の排出を促すことで、それを実際に行う人がリフレクソロジスト。リフレクソロジーの語源は、リフレックス(反射)+ロジー(学問)= 反射学。足裏には肩、腰、胃など全身の器官や臓器につながる「反射ゾーン」という部分がある。リフレクソロジー(反射学)は、この「反射ゾーン」(いわゆるツボ)を押し体の器官を刺激して施術を行う。(マキ・フジタヒーリングスクールより

 

リフレクソロジーには、大きく分けて西洋式と東洋式がある。西洋人は痛みはストレスと考え、強い刺激よりもやさしい刺激を好む。東洋人は、強い刺激ほど良く効くと考えている。西洋式はソフトな刺激で、東洋式は、時に激痛を伴う刺激と異なる。国内の主流となっているリフレクソロジーは、「英国式リフレクソロジー」と呼ばれ、西洋式と東洋式の中間の「イタ気持ちイイ」の刺激で施術をする。

 

このリフレクソロジーが女性に人気があるのは、その手軽さだ。あん摩のような国家試験は必要なく、マッサージのように力を入れることはない。リフレクソロジーは、1日の講習を受けただけでリフレクソロジストと名乗ることが出来る。リフレクソロジストとして仕事をする場合は、特に設備らしい設備が必要ではなく、足裏を温める桶やたらいとソファがあれば、自宅でサロンを開業することが可能。料金相場は、10分で1000円とかなり高いクラス。但し、現在リフレクソロジー(足裏マッサージ)は、都市部では飽和状態になっているという。しかし、他サロンとの差別化がうまく出来ればリフレクソロジーの運営は可能だろう。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

ヒーリングスクールと資格

一般的に「リフレクソロジー」と言われているのは「英国式リフレクソロジー」と呼ばれ、日本人が逆輸入して名付けられた。リフレクソロジストは国家資格ではなく、民間の団体によって認定される民間資格。日本で最大手は、日本リフレクソロジー協会(RAJA)が運営しているスクール。リフレクソロジーを日本全国に普及させた第一人者の藤田真規がマキ・フジタヒーリングスクール校長を勤める。日本リフレクソロジー協会会員は、すでに4万人に達している。

 

■マキ・フジタヒーリングスクール
〒104-0061
東京都中央区銀座3-2-9 RAJAスクールビル
TEL 0120-527-227

 

アクセス
地下鉄丸ノ内線銀座駅、地下鉄銀座線銀座駅
地下鉄日比谷線銀座駅、JR 有楽町駅
各線銀座駅 下車徒歩1分
JR有楽町駅 下車徒歩5分
※日本リフレクソロジー協会(RAJA)直営校、プロを育成するヒーリングの専門スクール

 

■足裏のツボを学習

大図解リフレクソロジー

大図解リフレクソロジー

価格:2,310円(税込、送料別)

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る