駐車監視員の仕事

放置車両確認業務とは

2006年の道路交通法の改正に伴って、違反駐車問題を解決するために導入されたのが、民間委託の放置車両確認業務である。放置車両の確認には駐車監視員資格が必要で各都道府県の警察で2日間の講習を受けて終了試験に合格する必要がある。講習・資格認定ともに都道府県別に行われるため業務を行いたい都道府県毎の試験内容などを調べておく必要がある。従って、放置車両確認業務を行うためには駐車監視員資格を取得した後、民間委されている会社に就職することになる。

 

放置車両確認業務の内容は、違反駐車の確認を行い警察に通報することで、違反車両の撤去や罰金徴収と車両の引き渡しは警察で行う。業務は2人1組で行い街中を巡回して駐車違反車両を見つける。この駐車監視員の業務は公的業務のため、業務中は「みなし公務員」となり、公務員と同様の扱いを受けることなる。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

放置車両確認業務の概要

放置車両確認業務の概要は以下のとおり。

 

■業務
駐車違反の取り締まりを行うのは、警察官で、放置車両の確認及び確認標章の取り付けを行い警察署長に放置車両の状況を報告するのが業務。

 

■応募要件
65歳までの応募が多い。駐車監視員資格は各都道府県警察本部の実施する駐車監視員資格講習を受講終了し、資格者証を交付されていること。資格講習は2日間と終了考査1日。講習受講には年齢制限はなく、費用に2万円かかる。

 

■給与・報酬
月25万円(固定)程度

 

※駐車監視員の仕事は、ネットで「駐車監視員 仕事」と検索するといろいろとヒットする。

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る