就活必須アイテム

就活必須アイテム

昨日の日経新聞(2011年1月14日付け)には、「就活生、敵は「時間ロス」」と称されたタイトルで就職活動を行う学生達が必要と考えているアイテムが紹介されていた。少しでも就活している学生達に役立てばと思いアイテムをまとめてみた。

 

就活を行っている学生達には就職活動には時間がかかるため、少しでも時間を有効に活用するためのツールに人気が集まっている。日経で紹介されていたのは、以下のもの。

 

1.ICレコーダー
2.就活専用手帳
3.高機能携帯電話(スマートフォン)

 

■ICレコーダー
2012年4月入社の新卒採用向けの会社説明会は、2010年10月から始まった。ビッグカメラでは、ICレコーダーの売り場にはリクルートスーツ姿の学生が目立つようになったと言う。ICレコーダーの使い途は、予め面接用問答を自分で吹き込んでおき、移動時などの空いた時間を利用して訓練する。また、ICレコーダーを持っていれば音声メモを取ることができるので便利だ。学生達の間で人気のICレコーダーは、1万円前後のもの。

 

■ソニー ICD-UX512
USBが本体に搭載されているので、本体のUSBをスライドさせてPCと直接接続することができる。また、USB充電機能付きなのでPCに接続したまま充電することができる。UXシリーズのSマイクシステムは、高感度で低ノイズ。遠くの音や小さな音をより聞きやすい自然な音で録音することが可能。Sマイクは、全指向性で自然なステレオ感を再現できる。内蔵メモリは2GB。AC電源は別売り。

 

 

■オリンパス V-75
機能は、ソニー ICD-UX512とほぼ同じ。オリンパス V-75は、音声に反応して録音の開始・停止を行う「音声同期録音」、「VCVA」機能を搭載している。内蔵メモリは4GB。

 

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

就活専用手帳

「みんなの就活ダイアリー」は、2010年10月に発売されたが、発売以降売れ行きは好調で、計画を4割以上も上回っている。この「みんなの就活ダイアリー」は、就活生による、就活生のための、就活生の手帳と言われ、楽天の「みんなの就職活動日記」と能率手帳が作った就活専用手帳。就活手帳に求められる、「スケジュール管理」、「ToDo管理」、「情報管理」が簡単にできると大評判の就活生の必須アイテム。企業説明会の申込み、ESの提出、選考の進み具合など、企業毎に進行状況を整理することが出来る。また、人事担当者の電話番号が書き込めとても便利。また、各種マナーを始め、「1分で分かるシリーズ」、面接直前の緊張をほぐす呼吸法や、就活生必読の情報が盛りだくさん。

 

■みんなの就活ダイアリー

【送料無料】6510 みんなの就活ダイアリー

【送料無料】6510 みんなの就活ダイアリー

価格:1,575円(税込、送料別)

 

■楽天「みんなの就職活動日記」
55万人の登録者を誇る、就活生の9割が使う24,600社の口コミ就職サイト。ユーザー登録すると、有名企業内定者約52,000人の体験談を読むことが出来る。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

クリップボード

どこかのサイトかブログで読んで、就活で必要だと思ったアイテムが「クリップボード」。「クリップボード」は、100円ショップや無印良品でも売っている。安くても良いが、しっかりとしたものが必要。あちこちのセミナーや説明会に行ってしっかりとメモを取るためには必須アイテム。会場では、パイプ椅子が並んでいるだけのことが多いので、落ち着いて机で書くことが出来ない状況が多い。そんな時に、「クリップボード」を持っている人といない人では、大きな差が付いてしまう。不安定な場所でもしっかりしたメモを取るためには、絶対に必要。会社文書は、A4版が一般的なサイズなのでA4版がクリップ出来る大きさのクリップボードを準備しよう。

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る