家相診断士

家相とは

家相とは、『中国思想に基づくもので、万物を「木・火・土・金・水」の五つの要素に分けて考える「五行説」で、そのそれぞれの関係性から、あらゆる事象を解釈する考え方です。たとえば、水は木を育てるので「水」は「木」と相性がよい。しかし、水は土にせき止められるので、「土」とは相性が悪いというように、五行の相性の良し悪しで、万事を判断していたのです。』(「家相盤と方位線について」より)と説明されている。英語では、外観、顔つき、人相(学)、人相判断の単語"house physiognomy"(フィジオグノミー)を用いる。(英辞郎より)

 

不動産の購入は、一生に一度の大きな買い物で、失敗は許されません。家造りのプランが固まった後に家相が悪いと分かってプランの練り直しをするのは大変です。また、店舗を構えて商売する人にとっては家相や地相は商売の命運を左右するものだと考えられています。物件の選択を誤れば商売に致命的な打撃を受けます。これら不動産の家相や地相の診断に関する仕事は、昔から根強くあり、不動産会社、建築設計会社やハウスメーカーとの関わりを持っています。この家相や地相の専門知識を身につければ将来独立も可能です。

 

■e戸建て
日本最大の一戸建て口コミ掲示板、注文住宅・建売住宅などの一戸建て住宅の購入を検討されている方のための口コミ掲示板です。

 

■家相・しきたり入門
連載中の「小池 康壽 の家相入門」。ハウジングナビより

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

家相診断士とは

家相診断には、各種の流儀・流派や手法がある。日本では伝統的に東洋占星術や九星気学があり、さらに中国の道教を背景にした風水も入ってきている。これらは、吉凶方位を基本として吉の気の流れを住宅に取り込むように考えたもの。家相診断士は、これらの手法を用いて不動産の診断を行い、開運や厄除けを行う人のこと。家相診断士になるためには、家相診断協会や運命鑑定団体で研修を受けることが必要だ。この資格取得は通信制とスクーリングがあり、約半年ほどで取得することができる。

 

家相診断士となった後は、実際に不動産物件を顧客と見ながら、診断や開運や厄除けを行う。報酬は、1軒あたり5万円から10万円が相場となっている。法人を相手にした場合はさらに多くの報酬を得ることが可能。

 

■家相診断士養成学校
家相診断士養成の、高島易断の「占家家相診断講座」を受講終了すると、「家相診断士」の免許が授与される。

 

■家相診断にあると便利な方位磁石

風水 コンパス 方位磁石 家相羅盤付 8002HK

風水 コンパス 方位磁石 家相羅盤付 8002HK

価格:2,480円(税込、送料別)

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る