植木の剪定

植木の剪定とは

漫画のサザエさんで、たまに植木屋さんが登場して剪定をしている。まずは、剪定とはどういう意味か調べてみた。

 

『剪定とは、伸びすぎた枝、不要な枝を切り、幹や主な枝の先端を切りつめ、樹姿を整える作業のこと。分枝・新芽出しをうながすなどの目的で不要な枝や茎を切ること。木の「刈り込み」(トリミング)、切り戻し(ピンチ)のほか、草本の「芽摘み」「摘芯」「芯止め」といわれる作業も、剪定の一種。花を楽しむ木は、うっかり花芽が作られる時期に刈り込んでしまうと、つぼみを刈り取ってしまうことになるので、花が見られなくなってしまう。』(ガーデニング用語集より

 

良く大きなお屋敷では、専門の造園植木業者や植木職人が入って、毎年決まって剪定作業をしている。一戸建ての家には、多少の植木はあるがお金を出してまで剪定をする人はあまりいない。植木にこだわりのある人は、自分で庭木を手入れする人が多い。剪定の仕事で成功するには、作業の丁寧さはもちろんのだが、顧客の対応がきちんとしていなければならない。仕事は後片付けまでていねいにきちんと仕上げれば、リピートされることが期待される。技術面では、常緑樹の剪定から勉強を始め徐々に扱う樹木の幅を広げていけば良い。

 

■剪定の図解説
樹木の剪定の仕方や実際に剪定された樹木画像を見ることが出来る。

 

 

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る

剪定の仕事・学校

剪定の仕事の給与・報酬、業務の内容を紹介する。

 

■業務形態・勤務条件
基本的には将来の独立が前提として、既存の造園業者に日雇いやアルバイトとして仕事をする。
独立した後は、剪定作業の見積もりチラシを撒く。まめに顧客を訪問し、コミュニケーションを良くしておく。

 

■給与・報酬
日当7000円〜10,000円程度。経験者になれば13,000円以上。
独立した場合、一軒当たり2〜3日程度の剪定作業で、相場が約3万円。
月収数十万以上。

 

■職業訓練期間
剪定や造園作業の専門知識が身につく職業能力開発センターを紹介する。

 

■エクステリア 東京都立多摩職業能力開発センター武蔵野校
エクステリア科とは、おもに外構作業と造園作業の実習中心の授業を通じて、エクステリア工事に関する技能者として必要な知識と技能を修得することを目標としている。
期間:6か月、年3回入校(4,7,10月 授業料等無料)

 

 

 

■もっと知りたい副業・アルバイト2
他の副業・アルバイトを探す

 

△もっと知りたい副業・アルバイトのトップページへ戻る