食材宅配・ネットスーパー

ネットスーパーとは

ネットスーパー(net supermarket)とは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』では、インターネットで注文を受け付けて、主に個人宅まで注文商品を届ける宅配サービスのこと。既存のスーパーマーケットから日用品(消費物)や食料品が宅配される。

 

「ネットスーパー」とは言葉の通り、一般店舗のスーパーマーケットにある肉や野菜、魚、惣菜などの食品からトイレットペーパーや文房具などの雑貨、日用品までの商品を取り揃えている。ネット上で注文ができ、基本的に翌日には配達してくれるというサービス。

 

 

△もっと知りたい宅配・代行トップへ

ネットスーパーに大きな期待

現在、インターネットから食材を注文出来るスーパーマーケットが増えている。

 

主に生鮮食品などの食材であるが、注文した商品を個人宅まで配送するサービスがお年寄りや買い物に行きたくても行けないキャリアウーマンに評判を呼んでいる。

 

取り扱っている商品は、各店舗で多種・多様であり、肉・野菜・魚などの生鮮食品から日用雑貨、下着や電化製品の一部まで即日配達されている。

 

毎日の買い出しでは、瓶や缶などは重量もかさんでしまい運ぶのも大変であるが、ネットスーパーを利用することでまた自ら重いものを運ぶ必要がなくなることから、自分では中々動くことが出来ない人達や高齢化達に大いに期待されている。

 

 

 

△もっと知りたい宅配・代行トップへ

 

 

ネットスーパーの特徴

ネットスーパーの特徴として、

 

■売り場担当のプロが商品を選ぶ
ネットスーパーでは、ウェブページで商品の写真を見て注文をすることになるが、実物はみることが出来ない。この短所を埋めるために、スーパーの各売り場の担当者がお客より注文された商品を選別する。このため、消費者自ら買うよりも良い商品でかつ新鮮なものを買うことができる。

 

■即日受け渡し
ネットスーパーで注文された商品は、注文した翌日に手渡しとなる。
近い場所では最短3時間と限りなくとても早くて便利。

 

■重い荷物の配達
食材はとても重く高齢者にとっては負担が重い。
お米、牛乳やビールといった重いものが自分で運ばなくても届けてもらえるからとても楽ちん。

 

■ポイントがたまる
多くのスーパーには、買い物をすると金額に応じてポイントが溜まるシステムがある。ネットスーパーで注文をした場合でも同様のサービスが受けられるスーパーが増えているため経済的。

 

 

△もっと知りたい宅配・代行トップへ